page contents

なんでもかくブログ - TAKA@P.P.R.S!!!!!

気になったことはなんでも書く、の精神でやっていくブログ。

大阪府泉佐野市の100億円還元キャンペーン、ふるさと納税仲介サイトよりも割高だった理由がなんとなく判明

f:id:TAKAPPRS:20190210105749j:plain

先日紹介をした、大阪府泉佐野市の100億円還元キャンペーン。

jp.takapprs.net

 

ふるさと納税仲介業者への手数料(約10%)削減を目的として、直営サイト経由の申込みを増やすために実施している100億円還元キャンペーン。

「さのちょく」は、直営サイトですので、経費を抑えることができる自治体にやさしい、ふるさと納税の申込サイトです。

 

そういった名分ながら、直営サイト内では必要寄附金額:15,000円、ふるさと納税仲介サイトでは必要寄附金額:10,000円と計算の合わないことを実施していた、泉佐野市ですが、この理由がついに判明した気がします。

 

おそらく、この差分について、広告費用が含まれている気がしますね。

間接的に、直営サイト経由で申し込んだユーザーの負担となる仕組み。

 

Twitter、Facebook、SmartNewsとがんがん広告配信を開始していますねー。

おそらく、Google、Yahooもやってるでしょうね。 

 

泉佐野市 100億円還元閉店キャンペーン訴求広告

Twitter広告(プロモツイート)

f:id:TAKAPPRS:20190223143138j:image

 

Facebook広告

f:id:TAKAPPRS:20190223145452p:plain

 

SmartNews

f:id:TAKAPPRS:20190223143144j:image

f:id:TAKAPPRS:20190223143149j:image