なんでもかくブログ - TAKA@P.P.R.S!!!!!

気になったことはなんでも書く、の精神でやっていくブログ。

タニタのデュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-906 を1年間使ってみた!

f:id:TAKAPPRS:20180120210908j:plain

 

ここ1年間、使い続けている体重計をご紹介!

タニタのデュアルタイプ体組成計 インナースキャンデュアル RD-906 です

 

ダイエットを進める上で、大事なことは、日々、自分の体重を把握しておくこと。

ただ、毎日、体重測定して、メモっておくのって大変。

その昔はExcel管理してましたが、なかなか継続できない…

 

そんな中、RD-906を購入。

RD-906のなにが良いかというと、iPhone・Androidスマートフォンに自動転送してアプリ上で体重を管理してくれるということ。Bluetoothで接続します。

 

さすがのタニタで、体重や体脂肪率だけでなく、筋質までも分析することができます。

 

恥ずかしながら、本日のカラダの状況。

f:id:TAKAPPRS:20190127133204j:image

 

現状、軽肥満ではあるものの、この1年で約5kgの減量成功してはいるのです…!

ペース的には悪くないと思うので、2019年は減量を加速していきます。
f:id:TAKAPPRS:20190127121105j:image

 

このinnerScanDUALシリーズ、RD-906・RD-907・RD-908・RD-909とラインナップされています。

違いがわかりづらいですが、違いは2点。

 

ひとつは最小表示の差。

RD-906・RD-908は、100g単位。

RD-907・RD-909は、50g単位。

 

ふたつめは本体での表示の差。

RD-906・RD-908は、(1)体重 (2)BMI (3)体脂肪率 (4)筋肉量 (5)筋質点数

(6)推定骨量 (7)内臓脂肪レベル を表示可能。

 

RD-907・RD-909は、(1)体重 (2)BMI (3)体脂肪率 (4)筋肉量 (5)筋質点数

(6)推定骨量 (7)内臓脂肪レベル (8)基礎代謝量 (9)体内年齢 (10)体水分率 を表示可能。

 

(8)基礎代謝量 (9)体内年齢 (10)体水分率の表示差があります。

ただし、RD-906・RD-908でも計測できていて、アプリ上ではこの数値を観ることができます。

 

 大きな機能差はないようなので、価格差も考慮すると、RD-906でいいんじゃないかなーと思います笑

 

タニタ体組成計インナースキャンホワイ RD-909WH(ホワイト)

タニタ体組成計インナースキャンホワイ RD-909WH(ホワイト)

 

 

楽天での購入はコチラ