なんでもかくブログ - TAKA@P.P.R.S!!!!!

気になったことはなんでも書く、の精神でやっていくブログ。

コスパハンパないOPPO Reno Aを試してきた!おサイフケータイ搭載&防水対応で自撮りも盛れるスマホが爆誕!

f:id:TAKAPPRS:20191008224717j:plain

OPPO Reno A 128GBの発売開始から数日、OPPOより発表されたのがOPPO Reno A!

楽天モバイル限定のOPPO Reno A 128GBとの差分は、ストレージ容量のみ。(OPPO Reno Aは64GBです)

 

OPPO×ひかりTVショッピング共催のタッチ&トライイベントに参加して、OPPO Reno Aを早速試してきました!イベントレポートとともに試してみてのレビューを書いていきます。

 

記事TOPの写真はなえなのに教わる、盛れる自撮りのレクチャー風景です。

斜め上からの撮影がポイント!

 

OPPO Reno AをひかりTVショッピングでお得に購入する方法については、こちらの記事を参照ください!

jp.takapprs.net

 

 

OPPO Reno Aのプロモーションに指原莉乃さんを採用!

OPPO Reno A(オッポ リノ エー)ということで、プロモーションに採用したのが指原 莉乃(さしはら りの)さん。

 

マーケティング面においても、日本市場に本気で乗り込んできたということが伺えますね。

 

TVCMは全4編あるそうで、まずはティザー編が公開されており、10月11日(金)から放送開始だそうです。

 

イベント会場向けのビデオメッセージもありました。

 

 使用感をTwitterで投稿しているので、これも参考になります。

 

パンフレットにもさっしー。フル活用だな!

f:id:TAKAPPRS:20191008224828j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224852j:plain

f:id:TAKAPPRS:20191008224838j:plain


日本市場に本気で乗り込んできたオリジナルモデル、OPPO Reno A 

日本のスマホ市場で必要な条件

日本のスマートフォンマーケットを研究し尽くした上で、開発をしたのが、このOPPO Reno Aです。日本オリジナルモデルとなります。

 

スマホユーザーの購入重視点などのリサーチ結果から、OPPOが導き出した日本で必要とされるスマートフォンの条件がこちら。

  • 日本特有のニーズに応えること
  • 普段使いに丁度いいスペック・機能があること
  • 手に取りやすい価格であること

 

コンセプトテーマは、「いろいろと余裕なスマホ。」です。

 

OPPO Reno Aをさっくりとまとめたのがこちら。詳細紹介していきます。

f:id:TAKAPPRS:20191008224659j:plain

 

ユーザーニーズに応える、おサイフケータイ搭載!

日本で販売伸ばすためには、対応をしておきたいのが、おサイフケータイ(FeliCa)!

おサイフケータイ搭載スマホを使ってる人からすると、おサイフケータイ未搭載のスマホへ機種変更するってあり得ないですからね。

生活に組み込まれてしまっているので、これは当然のニーズ。

 

さらに 防水・防塵(IPX7/IPX6)に対応。

これも日本市場においては対応必須として求められる性能ですね。

 

f:id:TAKAPPRS:20191008224439j:plain

 

ということで、OPPO Reno 10x Zoomの致命的欠点を見事に克服しているわけです。
jp.takapprs.net

 

コスパ最強たる所以、RAM6GB & Snapdragon710搭載!

40,000円未満の価格で販売されるOPPO Reno Aですが、なんとRAM6GB & Snapdragon710搭載。

同じ価格帯の他社スマホだと、RAM4GB & Snapdragon600番台が通常です。

OPPO Reno Aと同等のスマホって他社だと、55,000~80,000円くらいするなんじゃないかな。

f:id:TAKAPPRS:20191008224504j:plain

 

パフォーマンス面で見ると、スマホゲームを楽しむときによりパフォーマンスを発揮できるGAME BOOST2.0も搭載されています。

Touch Boostはタッチスクリーンの精度を大幅にアップしてくれます。

Frame Boostではシステムリソースへの需要を判断し、より合理的にシステムリソースを配置することでよりよりパフォーマンスを発揮してくれます。

荒野行動とかPUBGやるときに便利そうです。

f:id:TAKAPPRS:20191008224532j:plain

 

DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)にも対応!

海外製スマホであれば、もはや主流になってきてそうな気もしますが、2枚のSIMカードを挿して、LTE回線を2つ利用できる「DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)」にも対応しています。

ひとつの端末で仕事用とプライベート用でわけて使えるのが便利な点です。

 

VoLTE はdocomo/au/Rakuten/Y!mobileに対応していますが、その他のキャリアに関しては動作保証が取れていないとのこと。


あと、nanoSIMカード(SIM2)とmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用できない点は欠点。ROMが64GBあるので、microSDカード使わなくてもどうにかなりそうですけどね。ちなみにmicroSDカードは最大256GBとなっています。

f:id:TAKAPPRS:20191008224511j:plain

 

ColorOS6.0を搭載!

OSはAndroid9.0をベースとした、ColorOS6.0搭載。

賛否両論ありつつ、iPhoneからの移行組にとっては、使いやすいOSな気がしますけどね。 

f:id:TAKAPPRS:20191008224518j:plain

 

OPPOといえば、カメラ性能!インカメラなのに2,500万画素!

OPPOといえば、セルフィー性能の高さで一躍人気となったメーカー。

当然、研究にも注力しており、日本にも研究所があるようです。

f:id:TAKAPPRS:20191008224549j:plain

 

インカメラに2,500万画素を搭載。レンズにはSony IMX576を採用しています。

アウトカメラは1,600万画素なので、インカメラのが高解像なのです。

エントリー機と思わせておいて、このエッヂの効かせ方、嫌いじゃない。

f:id:TAKAPPRS:20191008224557j:plain

f:id:TAKAPPRS:20191008224613j:plain

 

A.I.ビューティー機能によって、最適な補正をしてくれるので、より綺麗に盛れたセルフィーを実現。

f:id:TAKAPPRS:20191008224606j:plain

 

風景、食べ物、ペットなどの被写体を自動認識して最適化してくれる、AI認識機能も良い。

f:id:TAKAPPRS:20191008224619j:plain

 

ダズルカラーモードによって、ピクセルレベルで自然な明るさや色彩を再現してくれます。夜間撮影で効果を発揮してくれるそう。

f:id:TAKAPPRS:20191008224625j:plain

 

ゲスト登壇したなえなのの作例。めっちゃ綺麗。 ※今回、めっちゃスライド撮影しづらい席でつらかったなぁ…

f:id:TAKAPPRS:20191008224731j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224741j:plain

 

OPPO Reno Aで撮影した写真を撮って出し。

f:id:TAKAPPRS:20191008224953j:plain

f:id:TAKAPPRS:20191008224924j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224910j:plain

 

アウトカムのが高解像度って変な感じだ。

広角カメラも投影してたら、より完璧ではあったよね。

ちなみになえなのいわく、インカメラはうちカメ、アウトカメラはそとカメ、というらしいです。

f:id:TAKAPPRS:20191008224319j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224254j:plain

 

カラバリはブルーとブラックのみ!

3Dグラデーションが美しい。カラーはブルーとブラックのみ。

指紋はちょっと気にはなりますね。

f:id:TAKAPPRS:20191008224642j:plain

f:id:TAKAPPRS:20191008224146j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224219j:plain

 

6.4インチ有機ELディスプレイで見やすい!

6.4インチ水滴型ノッチスクリーンです。ノッチありつつも91%の画面占有率あります。

画面解像度は2340×1080。有機ELディスプレイでGorillaGlass5を採用しています。

f:id:TAKAPPRS:20191008224651j:plain

f:id:TAKAPPRS:20191008224125j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224228j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224241j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224752j:plain

 

顔認証と指紋認証を搭載!爆速でロック解除!

ディスプレイ指紋認証2.0搭載でかなりスピーディーにロック解除できます。

顔認証にも対応をしています。

認証方法の選択肢が複数あるって素晴らしい。

顔認証はマスクしてると認証されなくなるんで、指紋認証という選択が用意されているのって助かります。

f:id:TAKAPPRS:20191008224804j:plain

 

OPPO Reno A の細かいスペックを再確認!

サイズは約158.4mm×75.4mm×7.8mm、重量は約169.5gと軽量。

バッテリーは3600mAhです。

USB Type-C端子、イヤホンジャック端子がある点もうれしいポイント。

f:id:TAKAPPRS:20191008224108j:plain

f:id:TAKAPPRS:20191008224331j:plain
f:id:TAKAPPRS:20191008224406j:plain

 

HUAWEI P30 lite(右側)との比較。少しだけOPPO Reno A(左側)のが大きいですね。

f:id:TAKAPPRS:20191008224159j:plain

 

会場では確認できなかったけど、付属品はこちら。

保護フィルム(貼付済み)ってのがうれしいポイント!

 

端末情報もペロリと貼っておきます。

f:id:TAKAPPRS:20191008224902p:plain

 

すでに予約開始!35,800円(税別)はハンパない価格設定!

OPPO Reno Aにスペックや性能面を紹介してきたところで、改めて思う。

このスペックで、35,800円(税別)はハンパない。

 

価格高騰気味なスマホ端末市場において、約3.5万円で投入された意義は大きいです。

この日本のスマホ市場において、一石を投じるスマホ端末となること間違いなし。

 

MNO/MVNO各社、量販店、ECサイトなどで予約販売開始しており、2019年10月18日(金)は発売日となります。

 

各社キャンペーン実施していますが、イベント参加者限定で、下記クーポンコードをいただきましたので、ぜひ活用ください!ひかりTVショッピングのOPPO Reno Aの購入に使えます!

 

f:id:TAKAPPRS:20191008231956p:plain