なんでもかくブログ - TAKA@P.P.R.S!!!!!

気になったことはなんでも書く、の精神でやっていくブログ。

MacBook Proのコーディング剥がれ問題、無償修理してもらえず。不公平感ハンパないApple。

f:id:TAKAPPRS:20191109140343j:image

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)をここ5年くらい愛用中。

当時、約20万円で購入した気がします。

Intel Core i7、メモリ16GB、ストレージ256GBと気合を入れたスペックで、購入したことあり、今も現役。性能的には不満なく使えています。

 

ただ、致命的な欠点が生じており、ここ1年くらいは、あまり使っていない状況に陥っています。

 

その致命的欠点とは、15.4インチ(2880 x 1800)Retinaディスプレイのコーティングが剥がれまくっている件。作業に支障がありすぎる。

f:id:TAKAPPRS:20191109140355j:image

 

ずっと致し方ないし、しょうがないかと思ってたけど、ふと調べてみた結果、見つけた下記ブログ記事たち。これはまさかワンチャンあるのでは! 

hajimekadoi.com

 

www.luisaq.com

 

www.abhachi.com

 

というわけで早速、 Appleサポートに問い合わせしてみました。

で、結果としては、大変残念な結果となりました。

 

Appleサポートからの回答です。

現在Appleでコーディング剥がれに関する修理プログラムは公開されておりません。

 

保証期間が満了している状況では必ず有償となります。

 

ちなみに、有償修理の場合は、見積もりとして、配送修理の場合、65,000円(税抜)とのこと。持ち込みでの修理も可能です。

 

www.macrumors.com

の情報によると、購入から4年以内の製品に限る、との話なので、無償修理を受けられたブロガーたちとの差でしょうか。

確認すると、2015年2月の購入だったので、期間過ぎていました。

 

ここでApple側の問題点は、無償交換プログラムに指定していないのに、無償修理に対応していることです。品質に落ち度があると理解しているにも関わらず。

 

無償交換プログラムに指定していないので、広く告知されず、自分は知ることができませんでした。

 

コーディング剥がれ問題は2-3年前から発生していたので、そのときにこの情報に気付いて、問い合わせできていれば、無償修理してくれていたかも。

 

これってどうなの? 神サポートと言われるAppleだけど、不公平感がハンパないわー。

 

こうなると、コーディングを全剥がしする荒業にチャレンジするしかないか。

makedojo.com